マンション管理会社のランキングを比較してみよう

不動産投資の方法

積み木と紙幣

投資としてのマンション

不動産投資に関して、マンション経営が注目され続けています。実際にマンション投資で収益を得ている場合が多数あります。しかし、マンション投資には非常に多額の資金を必要です。マンション投資のメリットとデメリットと注意点を十分に理解しておかないと収益が得られません。マンション経営の基礎知識は十分に把握しておく必要があります。マンション投資とは、利益を得る目的でマンションを取得して、賃貸することだけでなく、譲渡して収益を得ることです。マンション投資は、昨今の低金利のために、資金に余裕がなくても可能となってきていますし、マンション投資をアドバイスすることを事業としている業者もノウハウが蓄積されてきていますので、有効で安定的な投資活動と言えるでしょう。しかし、利益が得られるのか損失となってしまうのかの分かれ目があるのは事実で、いくつかの注意点があります。

投資の注意点

マンション経営の具体的な収益の方法は、取得し賃貸することと、譲渡することのバランスを考えてゆくことです。最悪なシナリオは賃貸を始めたが、思ったように収益が上がらずに資金繰りに困り損失を出してまで譲渡せざるを得なるといった二重に損失を出してしまうことです。マンション経営には、計画、マンションの選定、資金、売却を検討する必要があります。マンション投資の中心的な要素は賃貸による賃借料です。つまり、最も注意するべきなのは空き室です。空き室の原因は、立地条件、設備などと家賃の関係です。空き室になれば安定収入がなくなります。特に融資をうけてマンション経営している場合は、計画した資金繰りができなくなりますので、空き室対策が必要です。交通事情や騒音などの環境は家賃に応じているか、周囲の物件に比べ条件はどうかなど検討する必要があります。同様に、賃借料の滞納も問題です。これには、家賃保証保険などを利用する方法があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加